您的位置:自考365 > 复习指导 > 笔记串讲 > 文学 > 日语专业“标准日语初级”详细笔记(9)

日语专业“标准日语初级”详细笔记(9)

2007-02-06 11:41   【 】【我要纠错

  4.7. 助词、助动词

  4.7.1. 提示助词[は]

  在判断句中,[は]提示主语

  例: これは日本語のテープではありません。

  4.7.2. 提示助词[も]

  [も]表示兼提,有“也”的意思

  例: 土曜日も日曜日も休みです。

  接于数量词之后,表示数量之最(之多或之少),意为“竟有…之多”、“(一个)…也没有”

  例:一日に,友だちが五回も来ました。/一天之中,朋友竟来了五次之多。(之多)

  部屋には一人(ひとり)もいません。/房间里一个人也没有。(之少)

  4.7.3. 助词[が]

  4.7.3.1.主格助词[が]

  [が]通常用于表示主语,但在判断句中,[が]只在疑问词做主语的问句及其答句中表示主语

  例:どのぺんが王さんのですか。 ——> このぺんが王さんのです。

  4.7.3.2.格助词[が]

  格助词[が]接在体言之后,除了可以作为主格助词、表示主语之外,还常常用在描写句中,表示形容词、形容动词所描述的对象,故又称“对象格”。

  例:李さんは日本語が上手だそうです。/听说小李日语挺棒。

  4.7.3.3. 接续助词[が]

  接续助词[が]接在各类活用词终止形(简体、敬体均可)后,起两种语法作用,一种表示逆接(转折)关系,意为“虽然…但是…”,另一种表示顺接关系,起有机连接前后句的作用。

  例:病気でしたが,もう大丈夫です。/虽然病了一场,但已经不要紧了。(逆接)

  こちらは小林さんですが,こちらは鈴木さんです。/这位是小林先生,这位是铃木先生。(顺接)

  4.7.4. 领格助词[の]

  [の]表示所属,为“的”之意

  例:日本語クラスの先生は小林先生です。

  4.7.5. 终助词[か]

  [か]接在句末,表示疑问,相当于汉语的“吗”,“呢”之意

  例:きのうは金曜日でしたか。

  4.7.6. 接续助词[て]

  接形容词连用形[く]后,表示并列、因果关系

  例:このみかんは甘くてすっぱいです。/这种桔子又甜又酸。(并列)

  あのぶどうは甘くておいしいです。/那种葡萄又甜又好吃。(并列)

  /那种葡萄很甜,所以好吃。(因果)

  4.7.7. 提示助词[は]

  接否定式[ない。(あり)ません]之前,加强否定语气。

  例:少し寒くはありません。/一点儿也不冷。

  4.7.8. 接续助词[から]

  接活用词终止形(简体敬体均可)之后,表示因果关系。

  例:甘いですから,おいしいです。/因为甜,所以好吃。

  4.7.9. 补格助词[より]

  [より]接在体言后,表示肯定的比较对象,以为“比”。

  例:りんごはみかんより甘いです。/苹果比桔子甜。

  4.7.10. 副助词[ほど]

  [ほど]接在体言后,表示否定的比较对象,意为“(不)比…”、“没有…那么…”

  例:李さんは王さんほど高くはありません。/小李没有小王(那么)高。

  4.7.11. 终助词[ね][よ]

  终助词又称感叹词,接在句子末尾,增添某种语感、语气。[ね]主要用于表示感叹、赞同或质疑,[よ]主要用于提示、告知等场合。

  例:あついね。/好热呀!

  あついよ。/很热的呀。

  4.7.12. 传闻助动词[そうだ]

  [そうだ]可以接在各类活用词终止形后,表示传闻,其敬体形式为[そうです],意为“(第一人称)听说…”

  例:きのう,李さんは休みだったそうです。/听说昨天小李休息了。

  4.7.13. 补格助词[に]

  [に]接在表示场所的体言后,表示存在的场所,意为“在”。

  例:病院は銀行のとなりにあります。/医院在银行旁边。

  テーブルの上に果物があります。/在桌上有水果。

  [に]接在名词或动词连用形之后,且后续意为“来、去”的动词(如:[行く]、[来る]…)时,表示来去的目的。

  例:あした,旅行(りょこう)に行きます。/明天去旅游。

  テレビを見に帰(かえ)りました。/回来看电视。

  [に]接于时间名词之后,表示时间点,意为“在”。

  例:夜十時(じゅうじ)に休みます。/(在)晚上十点钟休息。

  日曜日に部屋を掃除します。/在星期天打扫房间。

  4.7.14. 副助词[か]

  [か]接在疑问词后,表示不确定,意为“某(些)”、“若干”。

  例:部屋にだれかいます。/房间里有人。

  犬はどこかにいるでしょう。/狗大概(躲)在什么地方了。

  4.7.15. 并列助词[と]

  [と]接于体言之后,表示并列,意为“和”。

  例: 森(もり)さんと田中さん(と)は居間にいます。/森和田中在客厅里。

  4.7.16. 副助词[や]

  [や]介于体言之间,表示含言外之意的列举,意为“…啦…啦…(等等)”。

  例:台所に冷蔵庫(れいぞうこ)や電子(でんし)レンジがあります。/厨房里有冰箱啦微波炉等等。

  4.7.17. 同位格[の]

  [の]可以介于两个互为同位成分的体言之间,表示同位语。

  例:一年生の鈴木さんはわたしの友だきです。/一年级学生铃木是我的朋友。

  4.7.18. 敬体助动词[ます]

  [ます]接在动词的连用形后,构成动词的敬体形式。

  例: 行く ——> 行きます

      ある ——> あります

      いる ——> います

      迎える ——> むかえます

      くる ——> きます

      する ——> します

  [ます]的常用形式有五种,即:

  ます(肯定式)

  ました(过去肯定式)

  ません(否定式)

  ませんでした(过去否定式)

  ましょう(推量式,表示劝诱、意志等)

  例:あした,日本語の試験を受けます。/明天要考日语。

  きのう,買い物をしました。/昨天买了东西。

  忙しいから,テレビを見ません。/因为太忙了,所以不看电视。

  食事(しょくじ)をしませんでした。/没有吃饭。

  いっしょにお正月を迎えましょう。/我们一起过年吧。

本文转载链接:日语专业“标准日语初级”详细笔记(9)

分享到:
  • 站内搜索
  • 课程搜索
  • 试题搜索

热门搜索:教材 报名 查分 免考 考试计划